2017年06月13日
 2016年11月22日
 2016年09月18日
 2017年04月01日
 2017年03月02日
 2016年04月01日
 2014年06月08日
 2011年03月02日
 2010年12月07日
 2010年12月12日
 2010年10月08日
 2010年09月15日



私たち社会保険労務士は、皆様のより良い労働環境づくりのお手伝いをする人事労務のプロフェッショナルです。
知っておくと便利な知識をはじめ、労働・社会保険分野における専門的で幅広い知識を背景に、様々なサービスを提供しております。
当川越支部は、川越市、東松山市、富士見市、坂戸市、鶴ケ島市、ふじみ野市、滑川町、嵐山町、小川町、ときがわ町、川島町、吉見町、鳩山町、毛呂山町、越生町、東秩父村の6市・9町・1村と、広範囲にわたるエリアに、現在140名あまりの開業会員が日々活動しております。
ぜひ身近な存在である私たち埼玉県社会保険労務士会川越支部の会員まで、お気軽にご相談下さい。

 
社労士による学校教育の取組みについて
更新日: 2014年01月27日
 我が国では社会の少子高齢化が急速に進んでおり、これからの労働社会保険制度を支える世代に対し、「働くこと」や「社会全体で支えあうこと」の意義を伝えることは、大変重要です。社会保険労務士会では、地域ごとに教育機関との連携を図り、小学校から大学まで、それぞれの段階に応じた労働社会保険に関する教育活動に積極的に取り組んでいます。
 「多くの人に、いきいきと職場で働いてもらいたい」という考えから、学校教育教材を作成するとともに、社会保険労務士会を通じ、社労士が学校教育の場等へ伺い、学生が社会に出る前に知っておくべき労働及び社会保険に関する基礎知識を伝えるための活動(出前授業)を行っています。

 今回、社労士会川越支部では、川越市よりご依頼をいただき、出前事業を開催しましたので、その内容を一部ご紹介します。

--------------------------------------------------------------------------
 川越市雇用支援課では、市内にある高校において、卒業後に就職する生徒を対象に、労働法出前授業を行うことを企画されました。本年度は、市立川越高校(1月9日)、県立川越工業高校(1月23日に全日制、1月29日に定時制)、県立川越総合高校(3月で調整中)の3校で開催することとなりました。

 1月9日の市立川越高校の授業は、埼玉県社会保険労務士会学校教育推進委員会の委員でもある川越支部の細村久枝会員が講師を担当しました。49名の生徒が参加し、女子生徒の割合が多いこともあり、ご自分の実体験も交えた出産・育児の話を盛込みながら、働く上でのルール、給与明細の見方、社会保障、困った時の相談先等を話され、最後に「あいさつ」「素直な心」「感謝の気持ち」の3つ心得があれば、社会人1年目は乗り切れると講演を締めくくられました。


 川越市として初めての取組みでもあることから、この日はケーブルテレビ「JCN関東」の取材の方も来られていました。

 受講した生徒さんは「社会に出るにあたっての社会保障について知ることができた」「3つの心得をもって、社会人1年目に臨みたい」との感想がありました。

 川越市の担当者からは、「今、【ブラック企業】や【若者の使い捨て雇用】が社会問題として注目されています。もし、そのようなケースに遭ってしまったら、自ら気付いてもらうためにも、社会に出るに当たり、正しい労働法を知っておいていただき、困った時にどこに相談に行けば良いのか知っておいていただきたい。」とのことでした。

 また、川越市の担当者としては、今後も高校と連携しながら、この事業を拡大していきたいとのことでしたので、社労士会としても市や高校と連携を取りながら、進めていければと思いました。

--------------------------------------------------------------------------

以上です。

社労士による「出前授業」を希望される学校教育関係者等の皆様は、埼玉県社会保険労務士会又は社労士会川越支部へお問い合わせください。